東京(文京区)の漢方専門 後楽堂薬局は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

漢方薬一覧

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

婦宝当帰膠の効能効果は?

 

婦宝当帰膠は、「当帰(トウキ)」を主成分とした、主に「血」を補うシロップ状の漢方薬です。

婦宝当帰膠

婦宝当帰膠の効能、効果は、

冷え症、貧血、生理不順、生理痛、腹痛、腰痛、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り

イスクラ産業株式会社

です。

主成分である「当帰」はセリ科の植物の根の部分を使った生薬で、血を補い血行を良くし体を温めるとされ、中国では昔から“女性の宝”と言われ重宝されているほど、女性によく用いられる生薬でもあります。

また、当帰の他にも、和漢コラーゲンの別名を持つ「阿膠(アキョウ)」と言う生薬や、オウギやトウジンなど、体に元気をつける生薬などで構成されています。

女性にとって健康にも美容にも頼もしい婦宝当帰膠は、ほんのりとした甘味で漢方が初めての方でも飲みやすく、モデル、芸能界にもご愛用の方が多い漢方薬です。

婦宝当帰膠は「血虚」に使う漢方薬

中医学では、「血」が不足していることを「血虚(けっきょ)」と言いますが、これは一般的に言われる西洋医学的な「貧血」とは異なります。

西洋医学で言われる「貧血」とは、赤血球やヘモグロビンなどの濃度が薄くなった状態のことを示します。

しかし、中医学では成分濃度が薄いことももちろんですが、さらに成分濃度には問題がなくても、その栄養豊富な血液が体の末端隅々まで充分に行き渡っていない状態であれば、それはすなわち「血虚」ととらえるのです。

女性は特に、月経などで定期的な出血があるため、血が不足傾向、つまり「血虚」になりやすいとも言えます。

「血」は、体中に栄養や酸素・熱などを運び、さらに体を潤す働きがあります。

血は体の中心(心臓)から全身に送り出されますが、末端にあたるのは、手足の指先ももちろんですが、肌や髪の毛、爪、また内臓器の末端として、女性の場合は子宮・卵巣も当てはまります。

そのため、血虚の症状は、こういった末端の場所の栄養不足や冷え・乾燥として現れやすく、更には、流れるもの自体が不足していることにより血の巡りの悪さ(瘀血)を招き、多くの女性の不調の原因となっていると考えられています。

2個以上当てはまると血虚!?チェックリスト

これらは一般的な「血虚」の症状といわれています。皆様いかがでしょうか?

  • □貧血
  • □冷え症
  • □生理周期が長い
  • □生理の出血が3日以内に終わる
  • □顔色が悪い
  • □肌が乾燥しやすい
  • □髪がパサつきやすい、抜けやすい
  • □爪が薄い、割れやすい
  • □目が乾きやすい、疲れやすい
  • □便秘気味、便がコロコロしやすい
  • □疲れやすい
  • □動悸、息切れしやすい
  • □立ちくらみ、めまいを起こしやすい
  • □低血圧
  • □眠りが浅い、夢が多い

婦宝当帰膠、当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸の違い

婦宝当帰膠、当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸は、婦人病でよく使われる漢方薬ですが、それぞれの特徴をまとめてみました。

婦宝当帰膠の特徴

婦宝当帰膠は、良質な「血」とからだのエネルギーとなる「気」を補います。

補血の代表薬である「当帰」の割合が非常に多く、血を補う作用がとても優れています。体を温め、さらに元気を与える「黄耆」や潤いをもたらす「阿膠」などが配合されシロップタイプの漢方薬です。

良質な「血」不足による冷え症だけでなく、生理痛、生理不順などにもよく用いられます。

当帰芍薬散の特徴

当帰芍薬散は、血の乱れと水分代謝を整えます。血を補い巡らせる「当帰」「芍薬」「川芎」に、体の余分な水分を取り除く「茯苓」「沢瀉」「蒼朮」が配合されています。

生理痛、生理不順、冷えだけでなく、生理前後に浮腫みやすい方にもよく使われます。

加味逍遙散の特徴

加味逍遙散は、気の巡りを整え心身をリラックスさせます。

気の滞り(気滞)の3症状『張(ハリ)・悶(不安やイライラ)・痛(いたみ)』を和らげる「柴胡」「牡丹皮」などが配合され、気血を巡らせて自律神経に働きかける漢方薬です。

生理前のイライラや不安感、胸の張りなどのPMSの症状などによく使われます。

桂枝茯苓丸の特徴

桂枝茯苓丸は、血の巡りを良くし、瘀血による滞りによる痛みやしこりを緩和します。

血の滞り(瘀血)を改善する「牡丹皮」「桃仁」の他、体を温める「桂皮」などを配合しているので、「血」を巡らせる作用が優れています。

血の巡りが悪い事による生理痛や生理不順、手足は冷えて顔はのぼせるときによく使われます。

それぞれの違いのまとめは、当帰芍薬散は補血の作用+水をさばく作用、加味逍遥散は「気」を巡らせる作用、桂枝茯苓丸は「血」を巡らせる作用、婦宝当帰膠は良質な血液を純粋に補う作用に優れています。

女性の美と健康のために婦宝当帰膠を!

血虚が進んでいくと、「瘀血(おけつ)」の症状も出てくるようになります。そうするとお肌のシミ、肩こりや頭痛・生理痛などの痛みを伴う症状、卵巣や子宮に十分な栄養が行き渡りづらくなることで生理不順や不妊などのお悩みにつながることもあります。

これらの症状も、そもそも不足している血を補ってあげることで症状が改善してくる場合もあるのです。

中国には、「女性は血を以て本と為す」と言うことわざがあります。女性の健康や体調維持には、「血」が根本であり、必要不可欠であると言うことです。

確かに、女性は整理以外にも、妊娠・出産・授乳など、「血」を大量に消耗する機会が非常に多くあります。血の消耗ばかりが進み、その分の補充が追いつかなければ、体も疲弊していくばかり。

血を常に補い、状態を良くしてあげると言うのは、女性にとって、常にきれいで健康でいるためにとても大事なことなのですね。体の中からきれいに健康になるために、婦宝当帰膠はおすすめの漢方薬です。

ただし、お客様の体質によっては合わない場合もございますので、一度店頭にてご相談ください。

 

 

婦宝当帰膠価格

300ml ¥5340(税抜) 約30日分
600ml ¥9710(税抜) 約60日分

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日