東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

不妊症

不妊症と漢方について

妊娠子供を授かりたいと思ってもなかなか妊娠しないご夫婦が増えています。その理由のひとつに、晩婚化や女性の出産年齢が高まっていることがあります。

一般的に“不妊”とは、“健康な男女が通常の夫婦生活をもっているのに2年以上妊娠しない状態”をいいます。

1年経っても子供ができないと不妊につながる何らかの原因があるという見方もあります。不妊の原因は、年齢的なこと以外にも様々な要因が複雑に関わっていることが多く、女性にも男性にも可能性があります。

漢方では、まず妊娠しやすい母体環境を作ることを考えます。西洋医学の不妊治療を行う時にも、お母さんの身体の状態が妊娠に適した状態であることが必要です。

また、無事に元気な赤ちゃんが誕生するまで、妊娠を維持し継続させる力をつけることも大切です。妊娠する力と妊娠を継続させる力、この両方を重要視することが漢方の特徴といえます。

一般的な不妊症の治療

一般的に、西洋医学での不妊治療では、まず基礎体温測定やホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影などの基本の検査をし、異常が見つからなければより高度な治療に変えていくことが多いようです。

ステップアップ治療といわれ、タイミング法、排卵誘発(卵巣刺激によって卵胞を多く成熟させる)、人工授精(子宮に精子を入れる)、体外受精(卵子に精子をふりかける)、顕微授精(卵子に精子を入れる)と、状態に応じて治療法をステップアップしていきます。

これらの西洋の治療をサポートするためにも漢方の治療はおおいに役立ちます。

不妊症の周期療法とは?

漢方における不妊症の治療法に周期療法があります。これは、女性の生理周期(月経期・低温期・排卵期・高温期)に合わせて漢方薬を使い分け、妊娠しやすい体質に近づける治療法です。

漢方(中医学)の理論をベースに、西洋医学の生理周期や女性ホルモン、基礎体温の概念を結合させた考え方で、中国でも中西医結合として不妊症治療に用いられています。

当薬局でも、生理や基礎体温の状態、体質などを詳しくお伺いした上で、周期療法が適している方にはお勧めしています。

不妊症を漢方で考えると?

卵子漢方では、女性は7の倍数、男性は8の倍数で身体に変化が起こりやすいと考えます。

一般的に、女性では21~35歳が最も妊娠しやすく、その後は卵巣の働きも低下し妊娠しにくい傾向にあります。年齢とともに卵巣が変化することは自然なことではありますが、その機能を元気に保つことが妊娠には必要です。

漢方では、妊娠と密接に関わる『腎(じん)』や『血(けつ)』の養生を基本に考えます。特に、加齢にともなう妊娠力を養うためには、この漢方ならではの腎や血のサポートが不可欠になってきます。

不妊症の原因と漢方薬

漢方的に不妊症の原因として、次のような体質が影響していることが考えられます。

卵巣がはたらかず妊娠力が低下する『腎虚(じんきょ)』

『腎』は、腎精(生命エネルギーの源)を蓄え、生殖機能や成長、発育、ホルモンの分泌、免疫系全般のコントロールなど生命活動の根本を担っています。

20代をピークに腎精は減少し、卵巣機能や女性ホルモンの低下がはじまります。

加齢だけでなく、ストレスや睡眠不足、食事の偏りなどの影響で若い人でも腎の弱い(腎精が少なくなっている)人が増えているようです。

腎精不足(腎虚)の状態が進むと、体を温める力の低下や女性ホルモンの減少などにより、質の良い卵子が育たない、卵子にとって居心地よい子宮環境が整わない、など妊娠しにくい状態になりやすく不妊の原因となります。

この衰えを止めることはできませんが、漢方の補腎の考え方や養生次第でこの加齢のスピードを遅らせ、妊娠力を高めることが出来ると考えられています。

漢方薬では、腎精を補い卵巣のはたらきを助ける参馬補腎丸や参茸補血丸、亀鹿仙、六味地黄丸、八味地黄丸などの補腎薬を用います。

参茸補血丸星火亀鹿仙

子宮や卵巣への栄養が乏しい『気血両虚(きけつりょうきょ)』

妊娠に必要な子宮や卵巣への栄養は、十分な気のエネルギーと良質な血です。

気血が消耗した気血両虚では、子宮や卵巣への栄養が乏しく、質の良い卵子が育ちにくい、子宮内膜が薄くて着床しにくい、など不妊につながる状態が多くみられます。

貧血の検査値が出ていなくても漢方的には血が不足していたり、過度なダイエットによる気血不足で妊娠しにくい体質になっている女性も少なくありません。

漢方薬では、良質な気血を補い、子宮や卵巣のはたらきを助ける婦宝当帰膠や十全大補湯などの補気補血薬を用います。

婦宝当帰膠

子宮や卵巣への血が滞る『瘀血(おけつ)』

不妊症の原因のひとつに、下腹部の血行が良くないことがあります。骨盤内や卵巣、子宮へ良質な血が届きにくく、古い血が残りやすい血瘀の状態がみられます。

下半身の冷えや生理痛をはじめ、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症などの婦人科疾患も血瘀の女性に多く、不妊の原因になる場合があります。

漢方薬では、血の巡りを整え古い血を取り除く冠元顆粒、芎帰調血飲、折衝飲などの活血薬を用います。

冠元顆粒

その他、ストレスや過労などによって気の巡りが滞る『肝気鬱結(かんきうっけつ)』や身体に余分な老廃物が溜まる『痰湿(たんしつ)』が女性ホルモンの乱れ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や子宮筋腫などの婦人科疾患の原因となり、不妊につながる場合もあります。

不妊症と漢方のまとめ

不妊症で悩まれる方の多くが複数の原因を抱えています。年齢的なことを除けば、睡眠不足や夜遅い食事、食事の偏り、運動不足、精神的ストレスなど、日常生活の中にも不妊体質を作る原因はあります。

特に、「腎」が充実する夜にしっかりと睡眠をとることは、女性ホルモンを安定させ、良質な卵子を作るうえでとても大切です。漢方薬と日頃の養生で身体を整えていくことが妊娠するための第一歩となります。

不妊症は男性側に原因があることも少なくありません。当薬局では、ご夫婦でのご相談もお受けしています。

漢方薬で妊娠しやすい体作りをお考えでしたら、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日