東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

店主の部屋
  • HOME
  •  
  • 店主の部屋

店主の部屋

店舗ニュース、店主の日々のブログ、趣味の写真部屋「いやしふぉと」を掲載しています。

只今、大学院研究中にてつき、更新が滞っております。年内には再開する予定です。

2013.08.31
漢方薬局にセミが来店

昨晩、薬局を閉めようと自動ドアを開けた瞬間、セミが飛び込んできました。店内大暴れ。

時間がなかったので、バケツでフタをして放置。

本日そっと樹に返しました。もうそんなに長くないと思いますが、もう一鳴きしてもらおうと思います。

蝉退
無事解放!?

アブラゼミの抜け殻は蝉退(せんたい)といい、漢方だと辛涼解表薬の分類で、体表の”邪”を冷やしながら飛ばすのに用いられ、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、慢性湿疹などによく使われます。

中国の生薬市場ではこのように袋詰めで大量に販売しています。

蝉退

2013.08.07
イスクラ薬局からいただいた植木にキノコが生えました!

イスクラ薬局前職場のイスクラ産業からいただいたシュロチクになんとも立派なキノコが生えました~!!

皆様からバーべーキューにというお声が多かったのですが…残念ながら翌日には枯れていました。

形が末広がりということで…

2013.08.01
ウナギパイの効能?

うなぎパイ静岡からイスクラ薬局の先輩が突然来局!久しぶりに娘さんともお会いできて良かったです。

お土産にウナギパイをいただきました。

ウナギは薬膳では「脾腎(=胃腸と腎)」を補う食材として有名です。

効能は、

【性味】甘/平 
【帰経】肝脾腎 
【効能】補気 補血 補腎 養肝 活血 去風湿 強筋骨

特に夏場は胃腸の働きが悪くなるため、夏バテ予防にもおすすめですね。眼精疲労や、痺れなどに用いられることもあります。

夏に売上が落ち込んでいた屋から相談を受けた、平賀源内が「土用の丑の日に食べると良い」と宣伝したので、土用の丑の日のウナギは有名になったと言われています。

2013.07.28
すっぽん(鼈甲)の効能

スッポン先日、「すっぽん」を食べに行きました。

すっぽん(鼈甲、別甲)は中医学的には、「滋陰潜陽・軟堅散結・破瘀通経」の作用があり、中国では不妊症、婦人科疾患、各種腫瘍などによく用いられます。亀板(クサガメ)と併用することも多いです。

写真は初体験の肉(左)と脂身(右)のお刺身です。

すっぽん鍋もいただき、次の日はお肌のプルプルになり、滋陰薬(潤いを補う)であることを実感いたしました。

2013.06.20
獣医夫妻の結婚式

獣医親戚の結婚式に行ってきました。獣医夫妻ということもあり、ネームプレートがかわいい。

幸せな気持ちをいっぱい頂きました。

最近ではペットの漢方も需要が伸びてきているようです。

特に、動物は生命力が強いので、ビックリするぐらいの効果が出ることがあります。

2013.06.05
長生きの胡蝶蘭

胡蝶蘭開局の日に頂いた胡蝶蘭が4ヶ月目になりました。

ほぼ満開できてくれたにもかかわらず、まだまだ余力が感じられます。この長生きは漢方の効果でしょうか…??

2013.06.02
婦宝当帰膠の学術シンポジウムに行ってきました。

婦宝当帰膠学術シンポジウム婦宝当帰膠の学術シンポジウムに行ってきました。

日本中医薬研究会が毎年開催するこのシンポジウムは今年で16回目になります。

全国からなんと200名の先生方が参加される大きなシンポジウムとなりました。

本日は中国・武漢からいらっしゃった曾凡波先生から、婦宝当帰膠の薬理実験に関する発表がありました。日本ではなかなか集まりづらい薬理データです。

主な内容は、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)の

  • ■ 貧血改善作用
  • ■ 鎮痛作用
  • ■ 子宮内膜症モデルに対する抗炎症作用
  • ■ 冷えに対する耐寒作用
  • ■ ホルモン調節作用

に対する薬理実験です。

婦宝当帰膠は「冷え性、生理痛、生理不順、貧血」をはじめ、肩こり、頭痛、のぼせ、めまい、耳鳴りなどによく用いますが、それを裏付ける内容となりました。

婦宝当帰膠は中医学に基づいて考えられた処方ですが、このような最新の薬理実験データなどは参考になります。

 

後日、中国の新聞に婦宝当帰膠のシンポジウムの様子が掲載されたそうです。

婦宝当帰膠シンポジウム

昨今はあまりよろしくない日中関係ですが、これを機会に良い方向に進んで欲しいと切に願っています。

2013.05.25
東大の五月祭に行ってきました。

五月祭五月祭五月祭東大の五月祭に行ってきました。新緑があふれていて、いい気分です。

医学部ブースには、ダ・ヴィンチシステム(手術ロボット)のブースがあり、興味津々でした。3D眼鏡を使って、目の前でテレビで本当の手術が行われているようでした。

上海万博で、漢方診断ロボットがお披露目されたそうですが、そちらの技術はまだ大分かかりそうと聞いています。

2013.05.21
日本中医食養学会の総会に参加してきました

涵徳亭iPhone5より

日本中医食養学会の総会に参加してきました。
今年度から役員となりましたので、「薬膳」と「中医学」の発展に努めたいと思います。

懇親会は、名前を頂戴した小石川後楽園の涵徳亭(かんとくてい)でした。
既に閉園しているので、誰もいない後楽園を見ることができて、なんとも贅沢です。

2013.05.12
国際中医薬膳師の講義をしてきました。

国際中医薬膳師の受験対策講座をしてきました。
分野は中薬学(生薬について)と方剤学(処方について)です。

もう何年目かになるので、流石に慣れてはきたのですが、範囲があまりに膨大のため、5時間・早口・頭フル回転で話し続けて流石に疲れました。毎年帰宅後は知恵熱っぽくなります。

講義中にも麦味参顆粒で漢方ドーピング(^_^)
全国から生徒さんがいらしていたので、精一杯やらせていただきました。

10月に試験ですので、全員合格していただきたいと思っています。
もうすぐ湯島天神のお祭りがありますので、お祈りしてきます。

2 / 41234