東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

婦人病のお悩み

黄体化未破裂卵胞(LUF)

黄体化未破裂卵胞(LUF)と漢方について

卵子黄体化未破裂卵胞(LUF)とは、成熟した卵胞が破裂(排卵)できずに黄体化してしまう状態です。

排卵がうまくできないのは、卵胞膜の硬さや、厚さが影響しているといわれています。黄体機能不全の方にもよくみられる症状です。

LUFの原因は未だ不明な点も多いのですが、一般的には、ホルモンの乱れ(排卵に必要なLHサージの不十分)や子宮内膜症などによる卵巣周辺の癒着、卵胞壁の肥厚、クラミジア感染症、薬剤(非ステロイド性消炎鎮痛剤)の影響などが考えられています。

毎月月経があり、基礎体温が2層でもLUFである可能性はあります。また、排卵検査薬で陽性が出ることもあるため、排卵しているものと安心していても実はLUFだった、とがっかりされることもあるようです。

排卵が起こっていないため、最近では、不妊の原因になることも指摘されています。

病院では、クロミッドやhCGの注射などで排卵を誘発させたり、卵胞が自然に縮小するようピルで下垂体ホルモンを抑制したり、針で内容物を吸い出す方法などが一般的です。

漢方では、ホルモンの状態や血の巡りを整え、余分な体の老廃物(痰湿)を取り除くことで、卵の質を高め、排卵しやすいお体の状態になることを考えます。

黄体化未破裂卵胞(LUF)の原因 漢方では?

漢方的には、子宮・卵巣周辺の癒着や卵胞壁が硬く肥厚して排卵しにくい状態を血流障害(瘀血)と考え、血の巡りを整えることを行います。痰湿(余分な水分や老廃物)が影響していることもあります。

また、排卵を促すホルモンの乱れは、生殖力の源である『腎』はたらきの低下と関係があると考えます。腎のはたらきを補い、ホルモンバランスを整えることによって、LHサージが正しく起こるように促します。

①  血行不良で排卵できない『瘀血(おけつ)』

排卵は、巡りがよくないとスムーズに起こりません。漢方では、気と血の巡りの停滞で血の巡りが滞る『瘀血』が生じやすくなると考えます。

排卵は、特に気血がよく巡っていることが大事な時期です。また、癒着や卵胞膜が硬くなる原因のひとつに瘀血が影響しているともいわれています。

漢方薬では、気血の巡りを整える冠元顆粒や水快宝、爽月宝などを用います。

冠元顆粒

②  水分代謝が低下し排卵できない『痰湿(たんしつ)』

漢方では、水分代謝の低下によって体内に溜まった、余分な水分や老廃物のことを『痰湿』といいます。この痰湿も、瘀血と同じように、卵胞膜を硬くし、排卵障害を起こすと考えます。

漢方薬では、化痰・利水のはたらきで痰湿を取り除くシベリア霊芝(チャガ、カバノアナタケ)や温胆湯などを用います。

シベリア霊芝

③ 腎の力が低下し排卵できない『腎虚(じんきょ)』

加齢やストレスなどで腎の力が低下すると、ホルモンのバランスが乱れ排卵にも影響がでてきます。

漢方では、排卵障害を招くホルモンの転換(LHサージ)不足は、おもに腎のエネルギー不足である「腎虚」が関係していると考えます。

漢方薬では、腎の力を補う杞菊地黄丸や二至丹、参茸補血丸などの補腎薬を用います。

参茸補血丸

黄体化未破裂卵胞(LUF)と漢方のまとめ

LUFは、だれにでも起こりうる症状で、生理周期によっても起きたり起こらなかったりするようです。つまり、体質やからだのバランスを整えることで改善される症状とも考えられます。

良質な睡眠は、ホルモンのバランスを整え、生理周期を安定させる最良の薬です。また、おからだの冷えや食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣を見直すことも、LUFを改善するためには大切です。

LUFは、はやめに対処し排卵するようになれば、妊娠の可能性もありうる疾患です。

LUFや排卵障害でお悩みでしたら、一度ご相談されてはいかがでしょうか?

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日