東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方お悩み相談室

不妊症

黄体機能不全

■ 黄体機能不全と漢方

黄体機能不全

黄体のはたらきがよくないと、排卵後に十分な量の黄体ホルモンが分泌されず、また黄体が早々と退化して高温期が維持できなくなります。

また、卵胞の発育が十分でないことや、子宮内膜の感受性が低下していることなども原因として考えられます。

その結果、不妊や着床障害、流産、生理不順、不正出血などの原因となり、女性にとって深刻な問題となります。

西洋医学の治療は、一般的に黄体ホルモンの補充や排卵誘発剤などで卵胞の発育や排卵を促すことが中心です。

しかし、効果が一時的であったり、ホルモン剤をずっと飲み続けることへの不安、子宮内膜への影響や経管粘液の減少などが気になることもあります。

漢方では、子宮や卵巣を過度に刺激することなく、からだ全体のバランスを整えていくことを考えます。

からだの不足した部分を補い、滞った流れをスムーズにすることで、女性ホルモンのバランスがよくなり、黄体機能も改善していきます。

■ 黄体機能不全の診断基準

黄体機能不全では、下記の基準値を参考にします。

  • ・黄体期の黄体ホルモン(プロゲステロン:P4)値が10mg/ml未満
  • ・高温期が短い(10日未満)
  • ・高温期と低温期の差があまりない(0.3℃未満)
  • ・高温期の途中で低温へ落ち込む
  • ・子宮内膜が薄い(8mm以下)

西洋医学での治療としては、・高温期に黄体ホルモン製剤を補充する・hCG注射で黄体機能を刺激する・クロミッドなどで排卵誘発する、などが一般的です。

■ 黄体機能不全の基礎体温は?

基礎体温表をつけている方は、基礎体温の状態から黄体機能不全かある程度予測することもできます。

当薬局でも、生理トラブルや不妊で悩まれている方には、黄体機能不全を疑う基礎体温が比較的多いです。黄体機能不全の基礎体温は、下記のグラフのような特徴があります。

基礎体温

■ 黄体機能不全 漢方では?

漢方では、黄体機能不全は主に、生殖や成長をつかさどる「腎」の力が弱くなった『腎陽虚(じんようきょ)』がおもな原因と考えます。

腎の力が弱いと、卵胞がうまく育たず、黄体の働きも低下しやすくなります。基礎体温も全体的に低く、高温期が維持できず10日以内で終わってしまうことが多いです。

参馬補腎丸また、血が不足して冷えやすく、血行もよくない状態がみられます。この状態では、受精卵にとって居心地のよいフワフワした厚い子宮内膜ができず、着床しにくくなります。

このため、腎のはたらきを高め、子宮の冷えや血不足を改善する鹿茸(鹿のやわらかい角)や紫河車(しかしゃ:胎盤)、海馬(タツノオトシゴ)などの動物生薬を使った漢方をよく用います。

 

漢方薬では、これらの生薬を使った参茸補血丸、オリジンP、海馬補腎丸、参馬補腎丸などを用います。

逍遙丸さらに、高温期にイライラや胸張り、お腹や脇の張りなど不快な症状が起こりやすい方、血中プロラクチン値が高い方は、自律神経と関係の深い「肝」の気が停滞して、『肝鬱(かんうつ)』の状態になりやすく、黄体機能不全にも影響します。

このような方の基礎体温は高温期がギザギザに波打つ傾向があります。漢方薬では、疏肝理気の逍遙丸や炒麦芽(炒った麦芽)などを用います。

その他、血の巡りがよくない『瘀血(おけつ)』や胃腸のはたらきが低下した『脾虚(ひきょ)』なども黄体機能不全の原因になっていることが多くみられます。

これらの体質をひとつひとつ改善していくことが黄体機能不全の改善には大切だと考えます。

■ 黄体機能不全と漢方のまとめ

黄体機能不全は、基礎体温では、高温期に異常がみられやすい疾患です。

しかし、漢方では、低温期の卵子の発育不全の延長上に黄体機能不全があるとして、生理周期全体のからだの改善を重視し、卵子の発育によい漢方などを用います。

また、漢方で気血の不足や滞りを改善し、卵巣や子宮を刺激せずに整えていくことで、女性ホルモンのバランスも整い、基礎体温も安定し、黄体機能が正常になることもよくあります。

普段から、ストレスを溜めず、質のよい睡眠をとることもホルモンバランスを整えるためにはとても大切です。

黄体機能不全でお悩みでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

« 一覧へ戻る »