東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方お悩み相談室

皮膚病のお悩み

自家感作性皮膚炎

■ 自家感作性皮膚炎と漢方

自家感作性皮膚炎は、虫刺されやかぶれ、貨幣状湿疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎が原発巣となって全身に湿疹が広がる状態をいいます。

jikakansa1多くの場合、夜も眠れないほどの激しい痒みが出ることもあるようです。

最初にできた皮膚炎が急に悪化して、数週間のうちに赤く小さな丘疹(ブツブツした発疹)や紅斑(赤く盛り上がった赤い発疹)が全身に散布するように現れることが多いようです。

また、掻くことで新たな散布疹が現れて症状が広がるケースもあるため、注意が必要です。

自家感作性皮膚炎は、原発巣である皮膚炎が悪化してできた変性自己たんぱくや細菌、毒素などによってアレルギー反応が起こったことが主な原因と考えられています。

根本的には、原発巣の皮膚炎を治療することによって、自家感作性皮膚炎の症状も緩和すると言われています。

一般的な治療では、ステロイドの外用薬や抗ヒスタミン薬などの痒み止めが用いられることが多いようです。

漢方では、痒みの原因となっている炎症を抑えることと、体質部分を見直し再発を防止することを段階的に行っていくことが大切と考えます。

■ 自家感作性皮膚炎 漢方では?

jikakansa3一般的に皮膚の症状では、『痒みがある=炎症がある』と考えます。

皮膚の赤みや痒みが強く、患部を触ってみて熱感があれば、皮膚に熱がこもっている状態と思われます。

また、掻き壊した部分から滲出液が出る場合、湿熱が強いことも考えられます。睡眠中に無意識に掻いてしまっている方も多くみられます。

漢方的には、痒みの原因でもある炎症は、『熱』や『湿』が盛んな『血熱』『湿熱』の状態です。

まずは皮膚の熱を抑え解毒して血熱や湿熱を取り除き、辛い痒みを緩和することを考えます。

この時期に起こりやすい皮膚の乾燥も、お肌の内側にこもった熱による潤い不足であることが多く、まずは火元の消火が必要です。

自家感作性皮膚炎では、漢方薬を飲んでいると、もととなった原発巣と広がった散布疹、両方の炎症が緩和してよくなってくることがあります。

自家感作性皮膚炎で用いられる主な漢方薬

痒みや炎症がある間は

  • ・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう):湿熱をとる
  • ・清営顆粒(せいえいかりゅう):血熱をとる
  • ・黄連解毒湯(おうれんげどくとう):熱毒をとる
  • ・銀翹散(ぎんぎょうさん):体表の邪を冷やしながら飛ばす

などの清熱解毒のはたらきのある漢方薬を状態に応じて服用します。また、五涼華や五行草、白花蛇舌草などのサプリメントを用いることもあります。

睡眠中に無意識に掻いてしまったり、痒みで眠れない方の場合、漢方では精神をリラックスして交感神経の興奮を抑える安神薬などで、痒みを緩和し眠れるようにしてあげることも大切です。

自家感作性皮膚炎は、良くなっても繰り返しやすい皮膚トラブルのひとつです。

そのため、炎症が緩和し痒みが減ってきたら、皮膚を強くして再発を防止することも大切です。からだの内面を整え、お肌のバリア機能を高める必要があります。

漢方的には、皮膚は胃腸のはたらきやストレスとも関係が深く、このあたりの状態を整えることは皮膚トラブルの根本治療に繫がると考えられています。

漢方薬では、胃腸機能を高め消化を助ける健胃顆粒や晶三仙、気の巡りを整える逍遙丸などを用います。

■ 自家感作性皮膚炎とスキンケア

漢方では、『皮膚は内臓の鏡』といわれ、体の内面を見直し改善していくことを大切と考えます。

さらに自家感作性皮膚炎では、外側からのスキンケアも行うことで、お肌の改善と回復に役立つことも多いようです。

もちろん、スキンケアも、お肌の状態に合った方法や商品を選ぶ必要がありますので、必ず専門家に相談しましょう。

■ 接触性皮膚炎のポイント

自家感作性皮膚炎では、非常に激しい痒みを伴うことが多く、掻くことによってさらに悪化してしまうことも少なくありません。

また、高脂質・高糖質・高タンパクな食事や、冷たい物などは、消化しにくく、胃腸のはたらきを低下させて、痒みの原因である『湿熱』を生み出すことが考えられます。辛いものなど刺激の強い食べ物も痒みを助長させるおそれがあるので注意しましょう。

また、お肌は寝ている間に新陳代謝が高まり修復されるといわれています。日付が変わる前には布団に入り、質のよい睡眠をとることを心掛けると、お肌もそれに応えて回復力も高まり、皮膚の改善につながります。

« 一覧へ戻る