東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

その他のお悩み

耳鳴り

耳鳴りと漢方について

耳鳴り耳鳴りは、耳のトラブルの中でも多い悩みのひとつです。検査をしても耳の異常はなく、様々な治療をしても一向に良くならない場合もあります。

耳鳴りの原因は多々あり、現時点で全ての耳鳴りに有効な治療法は確立していないといわれています。人によって感じ方が異なることもあり、西洋医学でも完治が難しく慢性化しやすい疾患です。

漢方でも、耳鳴りの改善は時間がかかることもありますが、体のバランスの崩れを整えていくことで良い方向に向かうこともあります。特に、原因がはっきりとわからない耳鳴りに対して漢方薬が有効な場合は多いようです。

耳鳴り 西洋医学では?

耳は、音を集める外耳、音を伝える中耳、音を感じる内耳より成り立っています。西洋医学では、耳鳴りはこのルートのどこかに障害が起こることで発症すると考えられていますが、そのメカニズムは詳しく分かっていません。

加齢による聴力の低下から突然耳鳴りがはじまることもあれば、ストレスや過労が原因となる場合もあります。最近増えている働き盛りの年代や子供の耳鳴りは、ストレスや疲労の蓄積の影響もあるようです。その他、肩こり、顎関節のゆがみ、メニエール病、難聴、貧血、高血圧、その他重篤な病気が原因となる場合もあります。

西洋薬では、内耳の血流改善を目的に循環改善薬(アデホス、カルナクリンなど)や内リンパ腫改善薬(イソバイドなど)、ビタミンB12製剤(メチコバールなど)、ストレスなどの改善を目的に精神安定剤(デパス、リーゼ、ソラナックスなど)、その他原因の症状に対する薬などが一般的に用いられるようです。

耳鳴りを漢方で考えると?

耳鳴りをはじめとした耳のトラブルは、耳だけの問題ではなく体のさまざまな不調のサインとも言えます。漢方では、『耳は腎に通ず』といって五臓の『腎』の異常が耳鳴りの根本的な原因となっていることが多いようです。

さらに、過度なストレスによる『肝』の乱れや耳周囲の血の滞りである『瘀血』なども現代人の耳鳴りの原因になりやすいと考えられます。ここでは、耳鳴りの原因として現代人に起こりやすい3つをご紹介します。

加齢に伴う『腎虚』の耳鳴り

耳と五臓の『腎』には密接な関係があります。

漢方でいう『腎』は、生命活動の源である『腎精』の貯蔵庫です。西洋医学の腎臓の働き以外に、内分泌(ホルモン)系、免疫系、泌尿生殖器系と、脳の働きをも含めた幅広い生理機能を意味しています。

漢方では、腎が弱く腎精が不足した状態を『腎虚(じんきょ)』といい、さまざまな老化現象が現れます。その代表的な症状のひとつに耳鳴りがあります。特に高齢で、難聴など聴力が減退してきた方に多いタイプの耳鳴りですが、若い人の耳鳴りの原因となることもあります。

腎虚の耳鳴りには、蝉の鳴き声のようなジーという音や、夜間静かになると気になるなどの特徴があります。

漢方薬では不足している腎精を補うことが基本となり、耳鳴丸や六味地黄丸などを用いることがあります。

ストレスによる『肝火上擾』の耳鳴り

『肝』は、怒りや憂鬱な気持ちなど感情的な刺激によって傷つきやすく、自律神経の乱れと関係が深い臓です。

そして耳の周囲には、肝の経絡が集まっているため、ストレスなどで肝が乱れると耳への影響も現れやすくなります。ストレスが原因の耳鳴りは、キーンと高く強い音のことが多く、症状に波があるのも特徴です。

漢方薬では、竜胆潟肝湯や加味逍遥散など肝火を抑えるものや肝気を巡らせるものを用いることがあります。

血が滞りやすい『瘀血』の耳鳴り

全身の血の巡りが良くないことを漢方では『瘀血』といいます。耳のある頭部にしっかりと血が届かず、耳周囲の気血の流れがよくない状態では耳鳴りが起こりやすい状態であると考えられます。

漢方薬では、冠元顆粒など良質な血を巡らせ気血の流れを整えるものを用いることがあります。

その他、胃腸の弱さや不調が耳鳴りの根本的な原因になっている場合も多く、漢方薬や養生で胃腸を整えることも必要となります。

耳鳴りと漢方のまとめ

耳鳴りの改善には、日頃の生活習慣を見直すことも大切です。

良質な睡眠をしっかりとり、胃腸を整え、心身ともにリラックスした状態であると耳鳴りも起こりにくくなります。耳のツボを刺激するマッサージも手軽で効果的です。

長引く耳鳴りでは、耳以外の不調が原因となっていることも多いですので、ご自分で判断してお薬を服用するよりも一度漢方に詳しい薬局にご相談されることをおすすめいたします。

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日