東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方お悩み相談室

婦人病のお悩み

生理痛と漢方

■ 生理痛と漢方

生理痛生理痛は仕方のないものとあきらめている人も多いと思いますが、体質を見直し、養生することで根本から改善することができます。

ただし、生理痛が我慢できないほど辛い場合は「子宮内膜症」や「子宮筋腫」などの病気が原因となる場合もありますので、その時は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

中医学では生理痛は本来「ない」のが正常だと考えます!

日本では生理痛があるのは当たり前と思われているようですが、中国の女性は皆、生理痛はないのが普通だと考えています。痛みがあるということは、なにかの病気やトラブルのだから中国の女性は、生理痛があるとすぐに漢方相談に行きます。

■ 生理痛 漢方では?

生理痛のタイプには大きく分けて3つに分類されます。

西洋医学では痛み止め(鎮痛剤)による痛みのコントロールが一般的ですが、漢方では気血を補ってあげたり、巡らせたりという治療方針になります。

① 気滞血瘀:血の巡りが悪い生理痛タイプ

生理痛1漢方では「不通則痛(=通じざればすなわち痛む)」と言い、血の巡りが悪い状態が続くと「生理痛」が発生しやすくなると考えます。

また、強いストレスを受けると気の巡りが滞り(気滞)、生理の時に腹部の張りや生理痛といった症状が出てきます。

気滞の状態が長く続くと、血の巡りも悪くなり「血瘀」を引き起こし、重たい生理痛につながることもあります。血や気の巡りが悪いのが原因のため、漢方薬だと、「理気活血薬(りきかっけつやく)」という分類の処方を用います。

【気滞血瘀の生理痛の特徴】
  • □ 生理前、生理中の痛み、張り
  • □ 生理前の胸の張りや痛み
  • □ 生理前の症状が多い
  • □ ストレスが多い
  • □ 経血がどす黒い、レバー状の血塊がある

などの症状が多く見られます。

② 気血両虚:血分もエネルギーも消耗している生理痛タイプ

生理痛3「不栄則痛(=栄ざれば則ち痛む)」といい、生命のエネルギーである「気」、体を巡って栄養を運ぶ「血」が不足していると、生理痛が発生しやすくなると考えます。

本来の虚弱体質や、慢性疾患、過度のダイエットなどによって、生理に必要な気血が不足すると、子宮に十分なエネルギーが行き渡らず、生理痛が起こります。

生理期間の後半に2~3日生理痛が続くのも特徴です。また、体が消耗しているため、経血の色が薄く、量も少ないことも多いです。

常にエネルギー不足で生理中は特に疲れやすく、まずはしっかりと補ってあげる漢方処方を選ぶことが必要です。

【気血両虚の生理痛の特徴】
  • □ 生理の後半に痛みがつよくなる
  • □ 比較的シクシクと弱い痛みが長く続く
  • □ 生理の周期が長い
  • □ 疲れやすい
  • □ 顔色が青白い
  • □ 経血量が薄い/少ない

などの症状が多く見られます。

③ 寒邪:冷えなどによって痛みが発生する生理痛タイプ

生理痛2冷房や冬の寒さなど、外から体内に入ってくる冷え、食事の不摂生や服装の不注意(薄着)、陽気不足などにより発生すると考えます。

寒邪が体の中に停滞すると子宮が冷えて血の流れが悪くなり、生理痛の原因となります。このタイプはとにかく体を温めてあげることが大切です。

外から入る冷えを発散し、子宮を温めて血分の巡りをよくすることで生理痛をやわらげます。生理期間中は体を冷やすと痛みが強くなってしまうので注意しましょう。

【寒邪による生理痛の特徴】
  • □ 体の冷え、痛み
  • □ 冷えると痛みが強くなる
  • □ 温めると痛みがやわらぐ
  • □ 体が冷える、顔色が白っぽい
  • □ 経血がどす黒い、レバー状の血塊がある

などの症状が多く見られます。

一般的な生理痛を3つに分類しましたが、実際には漢方の専門家に相談されることをお勧めいたします。

 

お客様の喜びの声はこちら

本当に辛かった生理痛が漢方で改善!妊娠できました。
あんなにひどかった生理痛が漢方を飲んでからなくなりました
生理痛でロキソニンがいらなくなり、さらにすぐ妊娠しました!
« 一覧へ戻る »