東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

皮膚病のお悩み

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎と漢方について

接触性皮膚炎は、接触したものによる「かぶれ」の状態です。

日常的によく肌と接触するものを原因と疑います。よくみられる接触源として、化粧品やシャンプー、リンス、香水、洗剤、ネックレスやピアス、腕時計などの金属類など、習慣的に使っているものや身につけているものもあるようです。

接触性皮膚炎は、比較的主婦や美容師さんの手に多くみられる皮膚炎のひとつともいわれています。常に、洗剤やシャンプーなどの刺激を受けて、手の皮脂膜や角質が壊され、バリア機能が低下し刺激を受けやすいと考えられています。

主婦湿疹ともいわれ、水仕事をする方に多く見られるようです。また、赤ちゃんではおむつかぶれもよくみられます。

一般的には、接触性皮膚炎の炎症を抑えるためにステロイドの塗り薬を使うことが多いですが、ステロイドをやめるとまた症状が再発してしまうなど、うまくいかないこともあるようです。

接触性皮膚炎の根本的な解決法は、パッチテストで原因となる物を特定し、接触しないことです。ただ、特定が難しい場合も少なくありません。

また、長年愛用してきたものが、急にお肌に合わなくなることもあります。そのため、どんな接触源に対しても、強い丈夫な肌を作っていくことがとても大切になってきます。

漢方では、お肌のスキンケアと、からだの内面のケアの両方を考えます。特に、体の中から整えて体質改善をすることは、再発しにくいお肌をつくることに繋がります。

接触性皮膚炎を漢方で考えると?

接触性皮膚炎は、刺激や接触した部分に、痒みを伴う紅斑(皮膚が盛り上がった赤い発疹)や丘疹(ブツブツした発疹)、時に水疱ができる皮膚の病気です。

赤みや痒みが強く、患部を触ってみて熱感があれば、皮膚に熱がこもっている状態と思われます。また、掻き壊した部分から滲出液が出る場合、湿熱が強いことも考えられます。

漢方的には、これらの状態は、『熱』や『湿』が盛んな『血熱』『湿熱』の状態で、まずは火消しの役割の漢方薬で炎症を抑え、つらい痒みを緩和することを考えます。

もちろん、基本的には、原因となっている接触源を特定して、素早く絶つことが症状を悪化させないためにも大切です。

接触性皮膚炎で用いられる主な漢方薬

痒みや炎症がある間は
・清営顆粒(せいえいかりゅう):血熱をとる
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう):熱毒をとる
・銀翹散(ぎんぎょうさん):体表の邪を冷やしながら飛ばす
・竜胆潟肝湯(りゅうたんしゃかんとう):湿熱をとる

などの清熱解毒のはたらきのある漢方薬を状態に応じて服用します。
また、五涼華や五行草、白花蛇舌草などのサプリメントを用いることもあります。

もちろん、基本的には、原因となっている接触源を特定して、素早く絶つことが症状を悪化させないためにも大切です。

だんだんと炎症が緩和してきたら、お肌のバリア機能を高めることも再発を防ぐためには必要です。漢方的には、皮膚の状態と胃腸機能は密接な関係があります。胃腸が健康な人は、皮膚トラブルも少なく、また回復も早いといわれています。

もともと胃腸が弱い方や、過食で胃腸に負担がかかりやすい方、便秘気味の方などは、胃腸のはたらきを高める漢方薬や消化を助ける漢方薬などを併用しながら、良好なお肌の状態を維持していくことを目標にしていきます。漢方薬では、健胃顆粒、晶三仙、紅サージなどを用いることがあります。

接触性皮膚炎とスキンケア

漢方では、『皮膚は内臓の鏡』といわれ、体の内面を見直し改善していくことを大切と考えます。

さらに接触性皮膚炎では、外側からのスキンケアも行うことで、お肌の改善と回復に役立つことも多いようです。

もちろん、スキンケアも、お肌の状態に合った方法や商品を選ぶ必要がありますので、必ず専門家に相談しましょう。

接触性皮膚炎のポイント

お肌は、『食事・睡眠・胃腸』の状態に左右されるといっても言い過ぎではありません。

・毎日規則正しい時間にお肌によいお食事が摂れていますか?
・毎日よく眠れていますか?
・毎日お食事が美味しく快便ですか?

特に接触性皮膚炎で痒みや赤みがあるときは、刺激の強い辛いものや脂っこいものは避けましょう。体に熱を持ち、症状が悪化しやすくなります。

また、質のよい睡眠は、お肌の回復力を高め、症状の改善に繫がります。

接触性皮膚炎は、状態によって使う漢方薬も変わってきますので、一度皮膚病に詳しい漢方薬局などでご相談されることをおすすめいたします。

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日