東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方お悩み相談室

その他のお悩み

夏バテ

■ 夏バテと漢方

高温多湿の日本では、梅雨から夏の終わりにかけて、様々なからだの不調を感じやすくなります。

いわゆる“夏バテ”ですが、原因として、室内外の温度差による自律神経の乱れや発汗による脱水症状、熱帯夜の睡眠不足、食事の偏りや食欲低下による栄養不足などがあります。

夏バテ夏バテの主な症状
  • ・ だるくて疲れやすい
  • ・ 食欲がない
  • ・ 無気力
  • ・ 朝起きたとき疲れが残っている
  • ・ イライラする
  • ・ ほてりや喉の渇き
  • ・ 立ちくらみやめまい
  • ・ 下痢や便秘
  • ・ むくみ
  • ・ ぐっすり眠れない
  • ・ 頭痛

など、夏バテの症状は様々です。また、頭痛やめまい、吐き気などがひどい場合は、熱中症の可能性もあり注意が必要です。病院では、栄養補給の点滴やビタミン剤による夏バテの治療が一般的ですが、なかなか効果が出ないことも多いようです。

漢方では、それぞれの体質や症状の改善を考えるため、夏バテの様々な症状にも対応することができます。

■ 夏バテ 漢方で考えると?

漢方では、“汗は心(心臓)の涙”といわれ、夏は心臓に負担がかかりやすい時季です。

また、発汗によって気(からだのエネルギー)と津液(からだの潤い、体液)が奪われた状態を『気陰両虚(きいんりょうきょ)』といいます。おもに、からだのだるさや疲れ、ほてり、食欲不振、息切れや動悸などの夏バテ症状があらわれます。

麦味参顆粒漢方薬では、消耗した気と津液を補い、汗を調節し、心肺機能を高める麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)をよく用います。

もともと“生脈散(しょうみゃくさん)”という漢方処方で、名の通り“脈を生き生きさせる”漢方薬です。中国の病院では、熱中症や夏バテの患者さんに点滴として使用しており、即効性も期待できます。

スポーツなどで大量に汗をかいた時も、気陰両虚になりやすく、漢方薬局では麦味参顆粒をお勧めしています。

■ 夏バテと漢方 養生編

冷房や、冷たい飲食物の取り過ぎで胃腸に負担がかかると、胃腸機能が弱まり、エネルギー不足や食欲不振など夏バテにつながります。

生ものや冷食の取り過ぎは控え、消化のよい旬の食材を摂りましょう。夏に胃腸を養生しておくと、秋以降も元気に過ごせます。

また、ついつい夜更かしをしたり、連日の熱帯夜で睡眠不足になりやすい夏ですが、睡眠をしっかり取ることで疲労(夏バテ)が回復し、自律神経も安定します。

夏バテかなと思ったら、ぜひ専門の薬局にご相談ください。

« 一覧へ戻る »