東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

フリーダイヤル:0120-101-472 電話:03-3818-0371

漢方お悩み相談室

婦人病のお悩み

不正出血と漢方

不正出血があると、どんな女性でも不安になります。内膜症や子宮筋腫、子宮頸がんなどの病気が隠れていることがあるからです。統計では、6割程度の人が不正出血を経験していると言われています。

まずは検査をしてみて、特に異常がなく

「ホルモンのバランスが崩れている」
「原因はよくわからないけれど出血している。」
「ストレスによる影響」

と言われれば、漢方の出番かも知れません。

■ 不正出血とは?

不正出血不正出血というのは、生理以外の時に、腟や子宮などから出血があることを言います。

出血の量は、ほんの少しから、 大量の出血がみられることもあります。また出血する時期も、生理の前後や、排卵日の前後、性交後など人によって様々です。

排卵期に起こる微量の出血であれば、大きな問題がないケースが多いと言われています。また、生理前後にオリモノが茶色くなる程度の出血も問題ないことがほとんどです。

中医学では不正出血のことを「崩漏(ほうろう)」と言います。衝任の損傷による経血の制約機能の失調であると考えられています。

■ 不正出血:漢方では?

不正出血になって、ホルモンバランスが悪いということは漢方では”腎”のパワー不足と考えます。腎や気血が充実していないと、ホルモンバランスも不安定にになりやすく、崩れやすく、漏れやすいと考えます。

そのような時には、腎のパワー不足を補う「補腎薬」を基本処方にします。

「脾不統血(ひふとうけつ)」による不正出血

不正出血2「血」は、「気(エネルギー)」によって、血管の外へ漏れ出ないように守られています。その気が消耗して、不足すると出血する(=漏れ出てしまう)ととらえます。

  • □ 出血の色は淡色で希薄であることが多い
  • □ 疲労時に出血しやすい
  • □ 疲れやすい、食欲がない
  • □ 眠りが浅い、多夢
  • □ アザができやすい
  • □ 生理がだらだらと長い
  • □ 舌は淡白色

心脾顆粒などの症状が特徴です。

そのような時は、脾(=胃腸)補い、良質な気血をしっかりと吸収し、統血機能を高めてくれる

「心脾顆粒 (しんぴかりゅう)」や四物湯に止血作用の強い阿膠。艾葉などを加えた「キュウ帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)」などを用います。

 

「血熱」による不正出血

漢方では、血が熱を持って出血しやすくなるという「血熱症」という症状があります。熱がこもると血分がよく動いてしまうというように考えます。

  • □ 色は鮮血で、量は多い
  • □ 月経周期が短い
  • □ 発熱・微熱がある
  • □ 口渇がある
  • □ 舌は紅い

このような時は清熱涼血薬である「清営顆粒 (せいえいかりゅう)」などを用います。

「瘀血」による不正出血

血の巡りが悪くなっても、行き場を失い、出血することがあります。基本的には出血しやすい状態ですので、血を巡らせる活血薬を用いると余計に出血しやすくなってしまうこともあるので注意がひつようです。

  • □ 田七人参出血に血の塊が混じる
  • □ 下腹部の痛みがあり、血塊が出ると軽減する
  • □ 一般的な弁証で効果がみられない
  • □ 舌は暗紅

他にも、優れた止血作用と活血散オの作用がある「田七人参 (でんしちにんじん)」などを用いることもあります。

 

漢方薬は症状や体質によって変わってきますので、詳しくは漢方薬局まで、ご相談ください。

 

一覧へ戻る »