東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

その他のお悩み

メニエール

メニエール病と漢方について

めまい関する多くのご相談の中で、メニエール病は、めまいに加え、耳鳴り、難聴、耳閉感などの耳の症状が伴う病気です。再発を繰り返すうちに、聴力の低下を引き起こすこともあるため、はやめに治療をすることが必要です。

激しくぐるぐる回転するめまい、雲の上を歩いていようなフワフワしためまい、乗り物酔いのような吐き気や嘔吐を伴うめまい、発作的に起こる激しいめまいなど、めまいの症状や感じ方にはひとによって違いがあるようです。また、低音が聞き取りにくい、耳がつまった感じ、耳鳴りから難耳になる場合もあります。おもに内耳に水が溜まったこと(内リンパ水腫)が原因といわれています。

現代医学では、利尿剤や内耳の血流循環を改善する薬、耳の症状にステロイドなどを使うことが多いようですが、なかなかよくならないことも多いようです。

漢方的には、体内に余分な水分が溜まった状態であることが多く、体内の水のめぐりをよくすることを考えます。また、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れたときにも起こりやすく、気の乱れを整えることも大切です。

メニエール病の原因 漢方では

漢方では、メニエール病の原因として次のようなことが考えられます。

水が滞り体内に停滞した『痰濁中阻(たんだくちゅうそ)』

普段からお酒や脂っこい食事、過量の水分を好んでとっていると、体内に余分な水がたまり、水分代謝異常を起こして、メニエールで起こるめまいの原因になることがあります。

胃腸が虚弱な方にも、水の停滞は起こりやすく、吐き気やムカムカなどの胃腸障害をもたらすこともあります。

漢方薬では、苓桂朮甘湯や半夏白朮天麻湯、五苓散など利水のはたらきで体内の水を巡らせるものを用います。

さらに、ストレスなどで交感神経が興奮し、気が高ぶったり、めぐりが悪くなるとめまいが起こりやすくなります。このような場合は、釣藤散や瀉火利湿顆粒、加味逍遥散など気の乱れを整える漢方薬を用います。

また、症状が長期にわたっている場合や耳鳴りなどの耳の症状が強い場合、からだの水分をコントロールする中枢である『腎(じん)』のはたらきが低下していることが考えられます。加齢や日頃の疲れなどが腎の消耗につながるようです。

杞菊地黄丸や八味地黄丸、耳鳴丸など腎を補い強化する漢方薬を用います。

メニエール病と漢方のまとめ

メニエール病は、一時的に症状が治まっても再発しやすい病気です。

ストレスの多い生活や睡眠不足、食事の偏りや過度な水分摂取など、毎日の生活習慣が偏った体質を作り、メニエール発症に至っていることが多いように感じます。

体質の偏りが、メニエールの症状を繰り返し起こす大きな原因であり、漢方や養生で体質部分を見直すことが改善につながります。

メニエール病でお悩みでしたら、漢方に詳しい薬局などでご相談されることをおすすめいたします。

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日