東京(文京区)の漢方薬局 後楽堂は、不妊・生理痛・アトピー・ニキビなど専門家と漢方相談ができます。

漢方専門 後楽堂薬局 北京中医薬大学日本校提携

全国発送承ります。

漢方相談のご予約・お問合せ

03-3818-0371

オンライン相談

婦人病のお悩み

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺炎と漢方について

バルトリン腺炎女性特有のお悩みの一つに、外陰部の炎症があります。特にバルトリン腺炎やバルトリン膿瘍は最近お悩みの方が多い疾患の一つです。

バルトリン腺炎に悩まれている女性には、炎症が起きている場所が場所なだけに、なかなか病院に行きづらく再発を繰り返してしまう方や、

病院に行っても毎回切開などの処置に抵抗があり、苦痛になっているなど、痛みだけに留まらず様々な悩みや不安がつきまとっている方が多くいらっしゃいます。

漢方では、痛みや頻度を軽減していったり、再発を起こさないような身体づくりをしていきます。

お一人で悩まれずに、一度相談してみてはいかがでしょうか?

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺膿瘍とは?

バルトリン腺とは、女性の膣の入り口のすぐ左右にある分泌腺で、外陰部を潤したり、性交時の潤滑となる粘液を分泌しています。

このバルトリン腺の開口部が、細菌感染などで炎症を起こし、赤みや痛みを生じている状態が「バルトリン腺炎」です。

また、バルトリン腺炎などがきっかけで、この分泌腺の管や入り口が詰まってしまうと、そこに分泌液などの粘液が溜まってしまうようになり、「バルトリン腺嚢胞」となります。

この嚢胞は小指大から、大きいと鶏の卵ほどの大きさまでになることがありますが、それほど痛みが無い、もしくは全くの無痛の場合もあります。

しかし、この嚢胞が細菌感染などにより化膿し、バルトリン腺内に膿が溜まって腫れた状態になったものは「バルトリン腺膿瘍」となります。

この場合は、外陰部の皮膚も赤く腫れあがり、強い痛みを伴うようになります。ひどくなると、歩けなくなるほどの激痛や灼熱感を生じたり、高熱を伴うこともあります。

バルトリン腺炎の原因

バルトリン腺の炎症自体は大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染が原因とされています。しかし、バルトリン腺の開口部が詰まってしまう原因についてははっきりとはわかっていないようです。

また、細菌感染だけではなく、冷えや疲れ・ストレスなどによる免疫力の低下によって炎症を起こしてしまう場合や、生理に伴うホルモンバランスの変動などで肌が敏感になっているときなどに炎症が起きたり、完治しきれず何度も繰り返してしまうと言う方も多いようです。

バルトリン腺炎の西洋医学的治療法

基本的には対症療法となります。バルトリン腺炎や膿瘍の症状が軽度の場合は、消炎鎮痛剤や抗生物質を服用することで症状が治まることも多いです。

しかし、症状が進行し、粘液や膿が溜まり腫れも酷くなっている場合は、患部を切開したり針を刺すことで、内部の液体や膿を出す処置が必要になることもあります。

膿が排出されてしまえば、痛みは治まりますが、その後完治するとは限らず、再発を繰り返す場合があります。

バルトリン腺炎を漢方で考えると?

漢方薬では炎症や痛みを緩和させること、炎症が落ち着き腫れや膿が引いた後は、自身の免疫力を上げていくことで、再発を繰り返さないような身体づくりをしていきます。

粘液や膿がたまってしまっている状態は中医学では「湿熱下焦(しつねつげしょう)」といい、下半身に悪いものが溜まってしまっている状態を指します。

そのような場合は、炎症や腫れを緩和するような、「清熱解毒」作用のある漢方薬である瀉火利湿顆粒や、五味消毒飲、涼解楽、白花蛇舌草などを用います。

瀉火利湿顆粒

また、細菌や外的刺激などから体を防衛するバリア機能のことを中医学では「衛気(えき)」と言い、免疫力や、皮膚・粘膜の防御機能と考えます。

そのため、バルトリン腺炎は衛気不足によっても発症・再発をしてしまうと考えており、衛気を補うような漢方薬を用いながら体質の改善を促していきます。

衛益顆粒

バルトリン腺炎のまとめ

西洋医学的な治療と平行して漢方薬を試される方も多い症状であり、漢方薬を併用されることで炎症の度合いを軽減化していったり、また再発を起こさないよう身体づくりをしていくことで、長年のお悩みから解放されるケースもあります。 

  • ・つらい痛みが早くひくようになった
  • ・腫れなくなってきた
  • ・再発していない、再発しづらくなった
  • ・性交時に腫れても、次の日には引いている
  • ・相談できるので不安がなくなった

などのお声も多くいただいております。

また、ご自身の体の防御力・免疫力などを上げるためには、漢方薬の服用だけでなく、日々の生活の中でもストレスをうまく発散すること、睡眠時間をしっかりと摂ることや睡眠の質を上げること、食事内容を整えていくことなども重要となってきます。

お悩みの方は一度ご相談ください。
(女性の相談員も常駐しております。)

今井 太郎(漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師)

執筆者:今井 太郎

漢方の後楽堂薬局 薬剤師/薬学博士[Doctor of Pharmacy]/国際中医師

東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 【TEL】03-3818-0371 【時間】10:00~19:00(予約優先) 【定休日】火曜・日曜・祝日